ウーマン

たっぷりの泡で包み込もう|ニキビ洗顔で作り出す美肌

乾燥対策のローション

肌ケア用品

保湿効果に違いが

乾燥肌の方の化粧水選びでは、保湿効果のレベルが一つの基準になります。実のところ、乾燥肌にも色々なタイプがあります。乾燥が生じている原因にも個人差があり、最適な化粧水もそれぞれ違うのが常です。例えば肌の組織に問題があり、水分を保てない状態の時には、表面だけでなく細胞レベルまで浸透する化粧水が良い選択と言えます。肌が敏感に傾きやすいのが、乾燥肌の方の特徴です。こういった方は、低刺激処方の化粧水が適します。刺激を与えずに潤いを与える化粧水なら、穏やかに乾燥も和らげていくことが可能です。ヒリヒリとした痛みのある方などは、特に刺激の弱い化粧水を選ぶように心がけます。赤みがある場合にも、刺激は極力控えめにするのがベストです。化粧水の触感は、選ぶ際にチェックしておきたいポイントに挙げられます。大体において、ややとろみのある化粧水の方が潤いを守れます。付けたそばから、肌の弾力が感じられるような化粧水なら乾燥肌の方に最適です。効果をより高めるには、浸透のさせ方に工夫が必要です。シート状のマスクに化粧水をしみ込ませ、肌にのせると手で付けるよりもぐんと浸透率が高まります。肌にシートを密着させるようにした方が、概して効果的です。肌にシートをのせている時間は、長すぎても短すぎても効果が薄れます。5分程度で切り上げ、次のケアのステップに移るようにするのが好ましい方法です。週に2回から3回程度のケアで、肌が大分変わっていきます。